メニュー

米ネットフリックス、加入者数1億3700万人に 海外で大きな伸び

2018年10月25日 - limeimei2

 動画配信大手の米ネットフリックスが2018年7~9月期に約700万人の利用者を獲得し、総加入者数が1億3700万人となったことがわかった。約700万人の加入者増は、予測の500万人を上回った。また、新規加入者のうち約600万人が海外の利用者だという。ネットフリックスは年内にさらに940万人の加入があると見込んでいる。今では海外の利用者が米国内での利用者を2000万人上回っている。ネットフリックスは今年、独自コンテンツの制作に80億ドルを投じる見通しで、外国語のコンテンツも80作品作られるという。競争上の理由から、特定の地域でどのくらい加入者が増えたかについては明らかにしていない。ただ、ネットフリックスが狙いを定めている地域はいくつかあるようだ。ネットフリックスは9月、フランスでの新番組の開始を発表した。また、南米にも多くの投資を行っている。インドも重要視しているようだ。今夏、オリジナルの映画を公開したほか、独自の番組も2本スタートさせている。