メニュー

米グーグル、ルノー・日産・三菱連合と提携 車載システムに「アンドロイド」

2018年11月2日 - limeimei2

 米グーグルが、車載システムへのOS「アンドロイド」の採用について、ルノー・日産自動車・三菱自動車の3社連合と提携することがわかった。数百万人のドライバーがアンドロイドOSを簡単に利用できるようになりそうだ。今回の提携により、2021年から、各社の車両には地図サービスの「グーグルマップ」や音声認識技術「グーグルアシスタント」が搭載されることになる。自動車メーカーはこれまで、ナビゲーションや娯楽、通信といった車載用システムについて独自開発を優先し、IT企業との協業については慎重な姿勢を示してきた。今回の提携により、グーグルは自社製品を一部消費者が毎日数時間を過ごす車内に投入できるようになる。グーグルにとっては、多くの利用者の獲得につながりそうだ。3社連合による昨年の自動車販売台数は1060万台。一方、ドライバーはスマートフォンに入れているものと同じアプリを利用できるようになる。他の自動車メーカーもIT企業との提携を進めている。フォード・モーターは一部新車について、アマゾンのスマートスピーカー「エコー」や音声アシスタント機能「アレクサ」を搭載することを明らかにしている。フォルクスワーゲン(VW)と現代自動車は先ごろ、自動運転技術の開発を行っているスタートアップ企業オーロラとの提携を発表している。