メニュー

米国防総省、AI分野に2200億円投資 開発加速へ

2018年11月5日 - limeimei2

 米国防総省の国防高等研究計画局(DARPA)が人工知能(AI)分野の開発に20億ドル(約2200億円)を投じる考えであることがわかった。DARPA情報イノベーション室の幹部はCNNMoneyの取材に対し、「AIの畑に種をまくのによい時期だ」と指摘。20年にわたる進歩を5年間に短縮することが出来るだろうと意欲を見せた。AIはテクノロジーやビジネスの分野で注目を集めている。例えば、グーグルは先ごろ、人間そっくりに発音するAIシステムを使い、レストランに電話予約などを行うことに成功した。過去10年の飛躍的な進歩をうけて、各社はAI関連の人材を大学などから引き抜いている。会話の認識や画像の理解などもいまやはるかに正確になり、こうした技術はアマゾンの「アレクサ」やアップルの「シリ」、ウェイモの自動運転車に活用されている。DARPAの研究は、判断力や状況認識、より良いエネルギー効率を持つシステムの構築に焦点を置く。カナダやインド、フランスなどもAIを重要視している。こうした国々はAIが今世紀の経済成長に必要不可欠だとみなしている。特に中国は2030年までにAI分野で世界のリーダーになることを目指していると公言している。