メニュー

アップルを変えたiMac登場から20年、故ジョブズ氏の映像公開

2018年10月25日 - limeimei2

 時価総額で米国首位に急浮上した米アップル。その出発点は、20年前のあの日にさかのぼる。1990年代、アップルの経営は危機的状況にあった。ホームコンピューター「アップルII」と「Mac」の人気は薄れ、ライバル各社に大きく後れを取っていた。しかし97年、共同創業者のスティーブ・ジョブズ氏が復帰して最高経営責任者(CEO)に就任。それから1年もたたないうちに、新製品の「iMac」を発表した。98年5月6日、ジョブズ氏は、あの特徴的な発表会の壇上に立っていた。2011年にジョブズ氏が死去する直前にアップルのCEO職を引き継いだティム・クック氏は6日、この時のプレゼンの映像をツイッターで公開した。プレゼンの中でジョブズ氏は、あり得ないほど未来的な製品としてiMacを描写し、「何もかも半透明で、中が透けて見える」と紹介。背面のハンドルを使えば簡単に持ち上げることもできると語り、「後ろから見ても、他社製品を前から見るより見栄えがいい」と言って聴衆を笑わせた。初代iMacのサイズは現在の電子レンジほど、価格は1299ドルだった。