メニュー

トランプ陣営に協力の英データ企業、業務を停止 破産申請へ

2018年10月27日 - limeimei2

 2016年の米大統領選でトランプ陣営に協力していた英データ分析会社ケンブリッジ・アナリティカは2日、全業務を直ちに停止すると発表した。間もなく破産手続きを始めるとしている。ケンブリッジ・アナリティカをめぐっては、交流サイト大手フェイスブックに登録された膨大な個人情報を不正利用していた疑惑が浮上。これを受け、同社は批判を浴びていた。また、英テレビ局チャンネル4が行った覆面取材の影響でも苦境に陥っていた。取材映像には、同社の幹部がトランプ陣営への協力について言及したり、当時のアレキサンダー・ニックス最高経営責任者(CEO)が候補者に不利な情報を入手するため「女の子を送り込む」考えを示唆したりする様子が捉えられている。ケンブリッジ・アナリティカは3月の声明で、ニックス氏を停職処分にすると発表。一方で、トランプ陣営のためにフェイスブックのデータを不正利用した疑惑については否定していた。今回の声明では、「従業員が倫理的かつ合法的に振る舞ったことに揺るぎない自信を持っている」としつつも、「メディアによる一斉報道」で顧客や取引先が離れていったと主張した。結果として、これ以上の事業継続は不可能と判断するに至り、破産申請以外に現実的な選択肢が無くなったとしている。