メニュー

ドライバー支援システムが充実したディスカバリー2019年モデル|Land Rover

2018年11月20日 - limeimei2

Land Rover Discovery|ランドローバー ディスカバリー
Land Rover Discovery Go-Out Edition|ランドローバー ディスカバリー ゴー・アウト エディション

ドライバー支援システムが充実したディスカバリー2019年モデル

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは11月16日(金)、7人乗りSUV「ディスカバリー」の2019年モデルと、40台限定の特別仕様車「ディスカバリー ゴー・アウト エディション」を発表。販売を開始した。

Text by YANAKA Tomomi

後部座席での降車の死角もカバー

日本では2017年5月にフルモデルチェンジした「ディスカバリー」に2019年モデルが登場した。

2019年モデルでは、ドライバー支援システムを充実。エマージェンシー ブレーキやレーン キープ アシスト、アダプティブ クルーズ コントロールはもちろんのこと、車線変更の際、死角に別のクルマを検出するとステアリングを逆方向にきり、衝突を回避するブラインド スポット アシスト、360度パーキング エイド、パークアシスト(縦列駐車・出庫、並列駐車支援システム)、サラウンドカメラなどを標準装備とした。

新たな装備としても、制限速度や追越し禁止の標識をインストルメントクラスターやヘッドアップディスプレイに表示するトラフィック サイン レコグニション、後部座席の乗員が降車する際、接近するクルマや自転車を検知して注意を促すクリア エグジット モニターも追加し、標準で与えられている。

ドライバー支援システムが充実したディスカバリー2019年モデル|Land Rover

Land Rover Discovery

ドライバー支援システムが充実したディスカバリー2019年モデル|Land Rover

パワートレインは、3.0リッターV6スーパーチャージドのガソリン、もしくはディーゼルの2種類。ガソリンは最高出力250kW(340ps)、最大トルク450Nmで、ディーゼルは最高出力190kW(258ps)、最大トルク600Nmを発生。いずれも8段ATを介して四輪駆動する。

ボディカラーはブラックやホワイトなど12色を展開。価格はガソリンモデルの「HSE」が850万9,000円、「HSEラグジュアリー」が973万3,000円。ディーゼルモデルでは「HSE」が870万9,000円、「HSEラグジュアリー」が993万3,000円となる。