メニュー

イナズマを放つ雷塊。ダッチデザインの鬼才による照明|Richard Hutten

2018年12月1日 - limeimei2

Richard Hutten|リチャード・ハッテン

形状はユーザー次第。折り加減によってその印象は変化

ドローグデザインの中心人物にして、ダッチデザインブームの火付け役として知られる「リチャード・ハッテン」。

彼がデザインした「Thunderball Light」は、イナズマを放つ雷塊をイメージした天吊り照明だ。シェードとなるのは八角形の折り線が刻まれた大きな一枚の鉄板。こちらをユーザーが折り曲げることで、その形状が完成するというもの。

イナズマを放つ雷塊。ダッチデザインの鬼才による照明|Richard Hutten
イナズマを放つ雷塊。ダッチデザインの鬼才による照明|Richard Hutten

スチール板の隙間から光が溢れ出る様子は、アートピースのような緊張感と存在感が。六角錐の形をしたシーリングカバーが付属し、ケーブルをすっきりと収納できる。リチャード・ハッテンが手がけた他のプロダクトとも相性が良い。

Thunderball Light
サイズ|直径300mm
価格|6万2000円(税別)

サイズ|直径600mm
価格|7万1000円(税別)