メニュー

中国ファーウェイ幹部、カナダで逮捕 米国に移送へ

2018年12月6日 - limeimei2

 中国の通信機器大手ファーウェイ(華為技術)の孟晩舟・最高財務責任者(CFO)が、カナダで逮捕された。カナダ司法省が明らかにした。カナダ司法省の広報によると、孟容疑者は1日にバンクーバーで逮捕され、米国への移送が予定されている。7日には保釈のための聴聞が開かれる。同容疑者はファーウェイを創業した任正非氏の娘で、同社の副会長も兼務している。カナダ司法省は事件に関する詳細は明らかにしていない。裁判所の判断により、警察や検察もこの事件に関する情報の公表を差し控えているという。ファーウェイ広報によると、孟容疑者は米ニューヨーク州東部地区で何らかの罪に問われており、カナダで航空便を乗り継いだ際に逮捕された。米紙ウォールストリート・ジャーナルは今年4月、同社が対イラン制裁に違反した疑いがあるとして、米司法省が捜査を行っていると伝えていた。米司法省は5日、この問題に関するコメントを避けた。ファーウェイ広報は、「当社は本件に関してほとんど情報提供を受けておらず、孟氏による不法行為も認識していない」と述べ、「国連と米国およびEUの輸出規制や制裁法規制を含め、当該国の法規制は全て順守している」と強調した。ファーウェイ製品に対しては、各国の政府が国家安全保障上の潜在的リスクを理由に締め出す動きを強めている。米国は、中国政府がファーウェイのネットワーク技術を米国人に対するスパイ活動に利用する可能性があるとの見方を示していた。