メニュー

テスラとスペースX、FBページを削除

2018年11月17日 - limeimei2

 米電気自動車メーカーのテスラと宇宙開発企業スペースXの最高経営責任者(CEO)を務めるイーロン・マスク氏は23日、両社の公式ページをフェイスブックから削除した。フェイスブックからのデータ不正流出を受け、同サイトの利用中止を求める声に応える形となった。フェイスブックをめぐっては先に、英国の政治系データ分析会社、ケンブリッジ・アナリティカがユーザーおよそ5000万人のデータを収集していたとの報道が浮上。21日にはフェイスブックのザッカーバーグCEOがこの件を謝罪する展開となっている。削除の発端となったやり取りは23日朝、ツイッターで始まった。フェイスブックのページ削除を呼びかけるツイートに対し、マスク氏は「フェイスブックって何?」と反応。別のユーザーがスペースXのページをフェイスブックから削除するよう求めたところ、マスク氏はページがあることに「気付いていなかった」と返信。テスラのページも削除するつもりかと問われると、「もちろん。いずれにせよださく見える」と応じた。米東部時間正午には両社のページは消えていた。両社のプロフィル画面には削除前、それぞれ200万人以上から「いいね」が寄せられていた。