メニュー

米アマゾン、仏で雇用増へ マクロン氏の規制緩和策が追い風

2018年12月1日 - limeimei2

 インターネット通販世界大手の米アマゾンがフランスで2000人規模の雇用増を計画している。フランスではマクロン大統領が進める規制緩和によって外国企業の事業経営が容易になるとされ、こうした環境もアマゾンにとっては追い風となりそうだ。アマゾンによれば、2000人の雇用増により、年内にフランスでの雇用者数は7500人に達する見通し。アマゾン幹部は、フランスの経済状況によって、投資に必要な自信などが得られたとしている。フランスは長い間、米企業にとっては厳しい市場だった。労働関連の法律は厳しく、雇用や解雇を難しくしていた。また、フランスは週35時間労働制をとっている。マクロン大統領は、労働市場の規制緩和や税の引き下げを進めている。マクロン氏はすでに、不当解雇の際の補償金について上限の設定を打ち出した。マクロン氏はまた、個人的にもアマゾンを歓迎する姿勢を示している。マクロン氏は昨年10月、フランス北部に新設されたアマゾンの物流センターを訪問した。調査会社ユーロモニター・インターナショナルによれば、フランスのインターネット上での小売りは過去5年間、毎年10%増の伸びを示している。アマゾンはここ数年、欧州に大きな投資を行っている。2万4000人を擁する英国には64億ポンドを投じている。また、ドイツへの投資額は80億ユーロに上る。