メニュー

未来のドアマン?、腕付きの四足歩行ロボットが登場

2018年12月3日 - limeimei2

 ロボット開発を手掛ける米ボストン・ダイナミクスがこのほど、腕付きの四足歩行ロボット「スポットミニ」の動画を公開した。腕を使って器用にドアを開ける様子が撮影されている。腕が1本付いているこのロボットは、扉のハンドルを探し出し、それをつかんで引っ張ることが可能だ。こうした動作は、多くの人間にとっては簡単なものだが、ロボットにとっては複雑な手順を踏む動作となるという。ただし、このロボットがドアマンとして登場するとなると、かなり気味が悪いかもしれない。