メニュー

イタリア在住のコラムニストが紹介するディープなイタリア

2018年12月19日 - limeimei2

BOOK|『ガイドブックではわからない 現地発!イタリア「街グルメ」美味しい話』

イタリア在住のコラムニストが紹介するディープなイタリア

イタリアコラムニストの大矢麻里さんによる『ガイドブックではわからない 現地発!イタリア「街グルメ」美味しい話』が刊行。イタリア在住だからこそ綴ることができるハートウォーミングなコラム集だ。

Text by YANAKA Tomomi

生活者目線でイタリアの食や文化について綴られたコラムや情報

大矢麻里さんはイタリア在住22年のコラムニスト。最初はイタリア語が喋られず、生活のなかで体当たりで言語を習得してきたという。現地料理学校での通訳やアシスタント経験をもとに執筆を開始し、NHKテキスト『まいにちイタリア語』や『朝日新聞デジタル』などへも連載。

本書では、イタリアの一般家庭の台所や、知られざる地元商店などに入り込む取材スタイルで、単なる食べ物の話や街歩きの話に終わることなく、生活者目線でイタリアの食やその背景にある文化までもを紹介する。

イタリア在住のコラムニストが紹介するディープなイタリア

イタリア北東部エミリア=ロマーニャ州を代表するチーズ「パルミジャーノ・レッジャーノ」は、最低1年、長いものは3年以上熟成される

イタリア在住のコラムニストが紹介するディープなイタリア

世界遺産の街シエナの郷土料理はジビエ。デリカテッセンにはシエナ原産の豚「チンタ・セネーゼ」やイノシシのサラミなどが並ぶ

なかには、「パスタの袋はなぜ青いのか」「イタリア人はジェラートを年間12キロ食べる」など、現地に住む大矢さんだからこそ知りうるコラムや、ガイドブックには掲載されていないような街中のおいしいものやお土産などの情報も掲載。

大矢さんが街角でであったおいしいものやすてきな人々を通し、イタリアの魅力が綴られた本書。オールカラーで写真も多くあるため、読んでいてまるでイタリアに住んでいるような気持ちになれるのはもちろん、生活者ならではのディープな情報は、イタリア旅行においても大いに活躍してくれそうだ。

『ガイドブックではわからない 現地発!イタリア「街グルメ」美味しい話』
著者|大矢麻里
発売日|2018年12月7日
サイズ|A5判、128ページ
価格|1300円(税別)