メニュー

vol.34「メイド・トゥ・メジャーの愉しみ」dunhill|ダンヒル

2018年12月20日 - limeimei2

vol.34「メイド・トゥ・メジャーの愉しみ」dunhill|ダンヒル

2018年のラストを締めくくる今回は、スーツ好きなら一度は体験してみたいメイド・トゥ・メジャーのベスト7。新しい季節を自分にぴったりのスーツで迎えるなら、今がベストなオーダーのタイミング。いざ、サロンへGO!

Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI KohtaText by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京

dunhill|ダンヒル

vol.34「メイド・トゥ・メジャーの愉しみ」dunhill|ダンヒル
vol.34「メイド・トゥ・メジャーの愉しみ」dunhill|ダンヒル

ダンヒルのメイド・トゥ・メジャーは、まずはじめに3種類のジャケットのシルエットを選択することからスタート。英国スタイルの「セントジェームス」、スリムな「ベルグレイビア」、アンコンタイプの「フィッツロビア」(祐真編集長着用モデル)にはそれぞれ数型のバリエーションがあり、パンツは8型から選べるので、スーツとしての組み合わせは168にもおよぶ。ダンヒルの工程が他と異なるのは、まずはシルエットを選び、そこから着る人の体型が最も美しく見えるラインに沿うように細かな補正をかけるというもの。選べる生地は350種類以上、うちシーズンものは約180種あり、毎シーズン新作生地が追加される。スーツはイタリアンメイドで、完成は約10週間後。全国のダンヒルブティックでオーダー可能だが、銀座本店に設置されているオーダールームでなら、さらにスペシャルな体験が得られるはずだ。

スーツ 29万5000円〜(ダンヒル/ダンヒル 03-4335-1755)

vol.34「メイド・トゥ・メジャーの愉しみ」dunhill|ダンヒル
vol.34「メイド・トゥ・メジャーの愉しみ」dunhill|ダンヒル
vol.34「メイド・トゥ・メジャーの愉しみ」dunhill|ダンヒル