メニュー

vol.34「メイド・トゥ・メジャーの愉しみ」LANVIN|ランバン

2018年12月21日 - limeimei2

vol.34「メイド・トゥ・メジャーの愉しみ」LANVIN|ランバン

2018年のラストを締めくくる今回は、スーツ好きなら一度は体験してみたいメイド・トゥ・メジャーのベスト7。新しい季節を自分にぴったりのスーツで迎えるなら、今がベストなオーダーのタイミング。いざ、サロンへGO!

Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI KohtaText by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京

LANVIN|ランバン

vol.34「メイド・トゥ・メジャーの愉しみ」LANVIN|ランバン
vol.34「メイド・トゥ・メジャーの愉しみ」LANVIN|ランバン

フランスで一番長い歴史を持つメゾンであるランバンに、メンズ部門が設立されたのは1926年のこと。タイユール(テーラー)と呼ばれるスーツのオーダーサロンの伝統とテクニックを現在に受け継ぎ、現代のトレンドを盛り込んだメイド・トゥ・メジャーのサービスが、東京ではランバン ブティック銀座店の地下一階のサロンで受けられる。ランバンのスーツスタイルの特徴は、レディス・クチュールの影響を受けたややタイトで美しいシルエット。柔らかな縫製ラインが特徴の『サルトリア・ライン』、フレンチ・クラシックな「アトリエ・ライン」、細身でモダンな「プロファイル・ライン」(祐真編集長着用モデル)の3ラインをベースに好みのスタイルと生地を選び、採寸。テーラーが常駐しているので細かな相談も存分に可能だ。完成までは約6週間。完成したスーツのジャケットの裏には、「LANVIN 15 Faubourg」とパリのメンズのアトリエの住所をモチーフにした特別なタグが縫い付けられる。

スーツ(プロファイルライン)36万円〜(ランバン/ランバン ジャパン 03-4500-6172)

vol.34「メイド・トゥ・メジャーの愉しみ」LANVIN|ランバン
vol.34「メイド・トゥ・メジャーの愉しみ」LANVIN|ランバン
vol.34「メイド・トゥ・メジャーの愉しみ」LANVIN|ランバン