メニュー

ワナクライに対抗、マイクロソフトとフェイブックが連携

2018年10月26日 - limeimei2

 マイクロソフトとフェイスブックは19日、5月に世界規模での被害をもたらしたランサムウェア(身代金要求型不正プログラム)「WannaCry(ワナクライ)」について、関与するハッカー集団への対抗措置に協力して取り組んでいることを明らかにした。ワナクライは病院や企業、銀行などを標的にし、サイバー攻撃を仕掛けた。背後には「ラザルス」(別名:ZINC)と呼ばれるハッカー集団がいるとされる。両社の発表の前日には、ホワイトハウスからワナクライについて、北朝鮮が「直接」かかわっていたとする正式な見解が出されていた。フェイスブックとマイクロソフトはサイバー攻撃と北朝鮮とを直接結び付ける見方は示していないが、マイクロソフトのスミス社長はブログで、「国家規模の攻撃」に対する強力な声明が米政府から発せられたことを「喜ばしく思う」と語った。マイクロソフトは先週、ラザルスの被害を受けた顧客のコンピューターからマルウエア(悪意のあるソフトウエア)を駆除。サイバー攻撃の遂行に使われていたアカウントを停止させ、再びマルウエアに感染しないようセキュリティー機能を強化した。フェイスブックもラザルスが使用していた偽のプロフィルを削除。他人になりすまして標的とつながることを防ぐ措置を講じた。不審なアカウントとつながってしまったユーザーには連絡を取り、セキュリティー向上のための助言を行ったとしている。