メニュー

熱々のブリトーもドローンで宅配、豪で試験プロジェクト

2018年11月20日 - limeimei2

 できたてのブリトーを熱いうちに、ドローン(小型無人機)で自宅の庭までお届けします――。オーストラリアの首都キャンベラ近郊で、そんな試験的プロジェクトが実施されることになった。米グーグルの親会社アルファベットの研究開発部門「X(エックス)」のドローン配送プロジェクト「プロジェクト・ウィング」が17日に発表した。オーストラリアのメキシコ料理チェーン「グズマン・イー・ゴメズ」、ドラッグストアの「ケミスト・ウェアハウス」と提携し、キャンベラ近郊の田園地帯でドローンを使った宅配サービスを開始する。この一帯は、食料品やコーヒー1杯を買いに行くのにも車で往復40分かかる不便な地域だという。プロジェクト・ウィングのチームは昨年、米バージニア工科大学で米メキシコ料理チェーン「チポトレ・メキシカン・グリル」のブリトーをドローン配送するプロジェクトを実施した。