メニュー

英LCC、電気旅客機を2030年までに開発 短距離路線に投入へ

2018年12月3日 - limeimei2

 英国に拠点を置く格安航空大手「イージージェット」は11月1日までに、自社の短距離路線に投入する電動方式の旅客機を2030年までに開発する方針を明らかにした。炭素排出量の削減と騒音減少を見込んでいる。米国の新興企業「ライト・エレクトリック」と協力し開発に当たる。飛行時間が2時間以下の路線への導入を想定している。2016年創業のライト・エレクトリック社は2座席の電気航空機を既に完成させ、来年は9座席の機種開発を予定している。同社は電気航空機用の電動機の特許も申請済みだという。イージージェットのヨハン・ランドグレン最高経営責任者(CEO)は技術革新のスピードは速いと指摘。電気航空機の飛行は現実化しており、航空燃料に圧倒的に頼らない未来が予見出来ると述べた。また、電気航空機の投入を目指す路線の距離は約500キロとし、同社が運航する現在の路線を考えた場合、ロンドン発、アムステルダム行きが電気航空機が担う最初の便になる可能性にも言及した。ライト・エレクトリック社のジェフリー・イングラーCEOは電気航空機は従来の機材に比べ騒音が最大半分まで減らせ、購入や運航面でのコストが10%安くなると主張した。電気自動車の開発は他の国際企業も手掛けており、米ボーイングは企業「ズナム」を支援し、ハイブリッド型航空機の電動機用にフランス企業「サフラン」のエンジンタービンの導入を計画している。ドイツ企業「シーメンス」はエアバスと連携し、航空機用の電気モーター開発を進めている。