メニュー

針で時間を、デジタルで各種機能を表示する「vívomove®HR」にNEWカラー|Garmin

2018年7月25日 - limeimei2

Garmin|ガーミン

ハイブリッドスマートウオッチ「vívomove®HR」に
スタイリッシュなシルバーと柔らかなローズゴールドカラーが登場

GPSデバイスのリーディングメーカー「ガーミン」が、2017年の発売以来人気のスマートウオッチ「vívomove®HR」に、大人の女性にも身に着けやすいペールトーンカラーのモデルが追加された。

Text by OZAKI Sayaka

ファッションにも馴染みやすいハイブリッドスマートウオッチ

「vívomove®HR(ヴィヴォムーブ エイチアール)」は、スマートウオッチの便利な機能を備えつつ、アナログ文字盤にタッチパネルディスプレイを搭載したスタイリッシュなハイブリッドウオッチ。特徴は、普段使いしやすいアナログ文字盤デザインと様々なモニタリング機能だ。

アナログ文字盤の下にOLEDディスプレイが搭載され、スマートフォンとのコネクティング機能、光学心拍計機能による心拍数、歩数、ストレスレベルなどが確認できるほか、アクティビティトラッキング機能で、消費カロリーや睡眠状態などフィットネスデータを取得できる。

2017年12月に発売され、すでに好評を博している「vívomove®HR」だが、2018年の新作は女性も着けやすい新色モデルに注目したい。スタイリッシュなシルバーのSport Silver Seaform(スポーツ シルバーシーフォーム)は肌に馴染みやすく、運動時にも気にならないシリコン製バンドを採用。RoseGold GraySuede(ローズゴールドグレイスエード)には、ファッション性が高く、ビジネスシーンにもマッチする質感のある柔らかいスエード素材のストラップが組み合わされている。こちらはシリコンのストラップも付属しており、オンとオフの気分に合わせて付け替えが可能だ。

ハイブリッドスマートウオッチは、一般的な時計と同様に、機能を使用していない待ち受け時も針が常に時計を表示する。したがって文字盤がブラックアウトせず、いたずらにハイテクな雰囲気をまとわせないのがいい。駆動時間も長く、充電環境に左右されにくいのも特徴だ。

針で時間を、デジタルで各種機能を表示する「vívomove®HR」にNEWカラー|Garmin
針で時間を、デジタルで各種機能を表示する「vívomove®HR」にNEWカラー|Garmin

vívomove®HR

駆動時間|時計モード最大2週間、Smartモード最大5日間
機能|ライフログ機能:ステップ数、移動距離、消費カロリー、睡眠モニター、ストレスレベル計測、週間運動量、上昇階数、心拍転送モード、VO2Max、MoveIQ、VO2MAX、バイブレーションアラート、天気情報、通知機能、スマートフォン探索
通信|Bluetooth Smart、ANT+
ケース径|43mm
ケース素材|繊維強化ポリマー(Sport Silver Seaform)、SS(Rose Gold GraySuede)
ストラップ素材|シリコン(Sport Silver Seaform)、レザー(Rose Gold GraySuede※シリコン付属)
防水|5気圧
価格|3万6852円(RoseGold GraySuede)、2万2963円(Sport Silver Seafoam) ※ともに税別