メニュー

パテック・フィリップの特製の“鋼製の刀”は南米市場を開けます

2018年8月7日 - limeimei2

パテック・フィリップの特製の“鋼製の刀”は南米市場を開けます
ここの言った鋼製の刀はPatekPhilippe(パテック・フィリップ)の天文台の鋼の独ルーマニアのシリーズの懐中時計(ChronometroGondolo)はその近似音Gondolo市中の学ぶ名称によって彼が“鋼製の刀”なるです。

1851年PatekPhilippe(パテック・フィリップ)と有名な真珠や宝石のブランドTIFFANY&のといえば CO.(ティファニー)ニューヨーク支店は1部の独占的な合意を締結して、そのオーダー制の懐中時計のため、それによってアメリカ市場に到達する表門を開きました。1872年にPatekPhilippe(パテック・フィリップ)はTIFFANY&にあります CO.(ティファニー)の下へ連れる南米、第1匹のTIFFANY&に入りました CO.(ティファニー)懐中時計はそれで11月12日にリオデジャネイロの“鋼の独ルーマニアとBuryのオーストリア(Gondolo&Labouriau)を引き延ばし”の宝石店に到着しました。この南米の有名な宝石店と60年余り続く協力の歴史を開けました。

しかし19世紀末葉は米国の表を作成する業の黄金時代で、大規模な機械化の生産と部品の標準化を採用したため、全体的に品質と価格の両方がすべて米国の同業の競争ことができないとでヨーロッパの時計商をさせます。今真っ盛りのPatekPhilippe(パテック・フィリップ)はあの時の販売量で別にとても良くなくて、南米でほとんど市場を開拓しにくくて、そこでこのブラジルの宝石商は1つの妙計を考え出して、南米市場の特定の時計のモデルにそしてゲームの碁を打つ方法で時計を売って広告の効果をねらうように出します。

このオーダー制の時計のモデルは“鋼の独ルーマニア”のシリーズの懐中時計(ChronometroGondola)です。

それがリオデジャネイロで価格を発売するのは790フランで、その時の現地の1人の熟練している技術工の1年収に等しいです。できるだけ早く市場を開けるため、宝石店はリードして1つのPatekPhilippe(パテック・フィリップ)のクラブを創立して、会員は180名限定します。毎週に一回のイベントを開催して、例えば会食して、ピクニックに行って、猟をして、イベントの後で抽選で賞を決めて、賞品は1匹のPatekPhilippe(パテック・フィリップ)Gondoloです。抽選で賞を決めて共に79回行って、第1位の賞に当たる者は一銭を使わないで腕時計のバンドを家に帰って、それから1人当たりは毎週に抽選で賞を決めるために10フラン納付して、第二位は第79人の幸運児がそれぞれ10~780フランの代価でまで(に)よく時計を得ます。101人がまた790フラン払って時計を買わなければならないがの残ります。