メニュー

米マイクロソフトの検索エンジン、中国で遮断

2019年1月24日 - limeimei2

 米マイクロソフトは24日、中国で同社の検索エンジン「Bing」へのアクセスが遮断されたことを明らかにした。対応を検討中だという。Bingは中国に残る最後の外国の主要検索エンジンだった。グーグルは2010年に中国から撤退している。今回の問題については、中国のユーザーが23日遅くに最初に気付き、ソーシャルメディアでは「Bingにアクセスできない」という声が上がり始めた。アクセス遮断の理由は現時点では不明。中国インターネット規制当局のコメントは得られなかった。中国ではフェイスブックやツイッター、ユーチューブといったインターネットプラットホームが、「グレート・ファイアウォール」として知られる政府の検閲システムにより排除されてきた。