メニュー

米アマゾンのベゾス氏、タブロイド紙発行元から脅迫受けたと主張

2019年2月8日 - limeimei2

 米インターネット通販大手アマゾンのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)は7日、タブロイド紙ナショナル・エンクワイアラーの発行会社から私的な写真を公開するなどと脅迫を受けたと主張した。代理人が受け取ったメールの全文をブログで公表した。送り主については、ナショナル・エンクワイラーの発行元、アメリカン・メディア社(AMI)の幹部だとしている。ベゾス氏は、AMIが自身にとって不名誉な写真を公開すると脅してきたと主張。「脅迫やゆすりに屈するよりも、個人的な犠牲や恥を忍んででも、彼らが送信してきた内容をそのまま公表することを決断した」と述べ、AMIのコンテンツ責任者ディラン・ハワード氏からのメールを共有した。ハワード氏はこの中で、ベゾス氏や同氏が関係を持ったとされる女性の私的な写真とテキストメッセージを公開すると脅している。ベゾス氏のテキストメッセージの一部は先月公開されていた。ベゾス氏は25年間連れ添った妻のマッケンジー氏との離婚を発表している。ハワード氏らのコメントは得られていない。