メニュー

肌の色の違うカップルから「生理中」まで、今年の新しい絵文字発表

2019年2月8日 - limeimei2

 肌の色が違うカップルや盲導犬、車椅子など、今年登場する新しい絵文字59種類がこのほど、絵文字の国際規格管理団体ユニコードコンソーシアムによって披露された。人の絵文字では同性カップルや肌の色の違うカップルが増え、性別や肌の色のバリエーションは171種類に上っている。義肢や補聴器、手話など、障害者をテーマにした絵文字も数十種類が加わったほか、生理中の女性を表す血液のアイコンも。親指と人差し指で何かをつまむ形の絵文字は、男性の体の特定部位を表現するのに使われると予想する声が多く、物議をかもした。ほかにもワッフルやカワウソ、フラミンゴ、ヒンドゥー教寺院、あくび顔などが登場する。ユニコードコンソーシアムの6日の発表によると、新しい絵文字は今年9月から10月ごろにかけて、各社のスマートフォンなどで使えるようになる見通し。どの絵文字を採用するかはアップルやグーグルなどのメーカーが決定し、それぞれ独自のデザインを加えて提供する。絵文字を巡っては、グーグルの手違いでビールジョッキの中の泡が宙に浮いていたり、ハンバーガーのチーズはパテの上か下かで論争になったりしたこともある。いずれも問題は解決した。