メニュー

年に一度の時計の祭典、「三越ワールドウオッチフェア」開催|MITSUKOSHI

2019年3月26日 - limeimei2

MITSUKOSHI|三越

今年で19回目を迎える国内最大規模の時計展示会

三越ワールドウオッチフェアが2016年8月17日から8月29日にかけて、今年も開催される。国内初お披露目となるウオッチや、限定商品、さらには世界的にも希少なユニークピースなどを数多く取り揃える。

Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)

「『Art du temps』時の芸術 ~ともに織りなすラグジュアリーな世界~」

今年で19回目を迎える「三越ワールドウオッチフェア」は、規模・品揃えともに、国内最大規模のスケールを誇る腕時計の祭典だ。今年スイスで開催されたバーゼルワールドやSIHH、WPHHなどで発表された話題の新作が約1,500㎡の会場へ一堂に集結する。日本橋三越本店先行販売、日本橋三越本店でしか買えない限定商品、さらに世界的にも希少なユニークピースなども用意される。

近年、時計作りには、技術の進化と共に原点回帰や、モノづくりの継承など「革新と伝統」が共存している。そこには必ず “アート” が存在することで、使う人、持つ人にとっての物質的、精神的それぞれのラグジュアリーな”価値”を創出する重要なアイテムになっている。

今年の開催テーマは「『Art du temps』時の芸術 ~ともに織りなすラグジュアリーな世界~」。今回は、”アート” を美術的な観点だけでなく、技術、構造、手法、装飾、素材、哲学、アイデアなど多くの視点から捉え「商品」「イベント」「設え」を通して表現、提案する。

また、商品だけでなく時計への造詣を深めながら楽しめるイベントも充実する。カルチャーリゾートを称する三越ならではの、貴重な展示会となる。

年に一度の時計の祭典、「三越ワールドウオッチフェア」開催|MITSUKOSHI

【主なイベント内容】
8月21日(日) 13:30~、16:30~
「クレドール」現代の名工・照井清氏による立体彫金実演

8月27(土) 13:00~
「アンリアレイジ」デザイナー森永邦彦氏と「GQジャパン」鈴木編集長によるトークショー

8月28(日) 14:00~
「アントワーヌ プレジウソ」アントワーヌ・プレジウソ氏によるファミリートークショー

会期中常設展示
「シチズン」進化を続ける日本の技術 エコ・ドライブ40周年

第19回三越ワールドウオッチフェア
開催期間|2016年8月17日(水)~8月29日(月)
※8月23日(火)は店舗休業日
場所|日本橋三越本店 本館7階 催物会場
東京都中央区日本橋室町1-4-1