メニュー

マクドナルド、IT企業を買収 AIで売り上げアップ目指す

2019年3月27日 - limeimei2

 米ファストフード大手マクドナルドがイスラエルのIT企業を買収することがわかった。AI(人工知能)技術を活用して、売り上げの増加を目指す。マクドナルドが買収するのは、イスラエルのダイナミック・イールド社。同社の技術を活用して、気候や店舗の忙しさ、時間帯などに応じて、ドライブスルーの利用客に提示するメニューを調整する。消費者の最初の注文に基づいて、おススメのメニューも即座に提示するという。食品業界では、デジタル技術の利用が徐々に増えつつあり、携帯端末向けアプリなどを通じて、利用者の好みを学習して、好みのものをより多く買ってもらうことを目指している。マクドナルドは買収の規模について明らかにしていない。米紙ウォールストリート・ジャーナルによれば、買収額は3億ドル超。マクドナルドは昨年、米国内で、ダイナミック・イールド社の試験運用を始めた。マクドナルドの計画では今年、米国内の店舗でドライブスルーのメニューにダイナミック・イールド社のシステムを組み込み、さらに海外の主要な市場にも展開する。自社アプリなどにもこのシステムを組み込むことを計画している。