メニュー

ザガート設立100周年を記念した19台限定モデルのレタリングを公開|Aston Martin

2019年4月4日 - limeimei2

Aston Martin DBS GT Zagato|アストンマーティン DBS GTザガート

ザガート設立100周年を記念した19台限定モデルを公開

アストンマーティンは、イタリアの名門カロッツェリア、ザガートが設立100周年を迎えるのを記念した限定モデル「DBS GTザガート」のレタリングを公開した。世界限定19台のみ生産され、「DB4 GTザガート コンティニュエーション」との2台で構成される「DBZセンテナリー コレクション」として販売される。

Text by YANAKA Tomomi

「DB4 GTザガート コンティニュエーション」とペアで販売

歴史あるカロッツェリア「ザガート」の設立100周年を記念し、アストンマーティンが制作するのが、「DBZセンテナリー コレクション」の2台目モデルとなる「DBS GTザガート」だ。

約60年間にわたりパートナーシップを組んできたザガートとアストンマーティン。これまでに誕生した多くの名車に敬意を表して、未来のクラシックモデルを制作するという今回のユニークなプロジェクトがスタートした。

ベースとなるのは、アストンマーティン史上最もパワフルな量産車である「DBS スーパー レッジェーラ」。さらに、1960年代に製造されたアイコンモデル「DB4 GTザガート」の官能的なフォルムにインスピレーションを得たデザインが現代へと蘇る。

ザガート設立100周年を記念した19台限定モデルのレタリングを公開|Aston Martin
ザガート設立100周年を記念した19台限定モデルのレタリングを公開|Aston Martin

「DB4 GTザガート」の象徴ともいえるダブルバブルルーフも受け継がれる。ルーフ全体にわたって延びたデザインエレメントに新たな解釈を加え、フロントウィンドウ上端部からリアエンドへと流れるルーフがクリーンで彫刻的な造形に。しかし、伝統的なリアウィンドウは装着されず、幅広いラップアラウンド フロントウィンドウを組み合わせ、曲線のみで構成されるという。

リヤホイールエリアは、力強い造形を描き、パワフルな印象を与えるとともに、同時販売される「DB4 GTザガート」ととのつながりが感じられるようデザインされた。

アストンマーティンの本社ゲイドンで19台のみ生産され、「DBS GTザガート」と「DB4 GTザガート コンティニュエーション」からなる「DBZ センテナリー コレクション」の価格は、税別で600万ポンド(約8億6,640万円)。デリバリーは「DB4 GTザガート コンティニュエーション」が2019年末、今回レタリングが発表された「DBS GTザガート」は2020年末が予定されている。