メニュー

新たな魅力を魅せるロイヤル オーク・“ジャンボ”エクストラ シン|AUDEMARS PIGUET

2019年4月18日 - limeimei2

AUDEMARS PIGUET|オーデマ ピゲ

ドレスモデル化した「ロイヤル オーク」。
その完成度、大人の渋さを大いに愛でたい

腕時計のトレンドはいま、ドレス方向へと向かっている。それを深々と実感するモデルが登場した。「ロイヤル オーク・ “ジャンボ” エクストラ シン」のピンクゴールドダイアルモデルである。

Text by KOIZUMI Yoko

ラグジュアリー・スポーツモデルのパイオニアが見せる、さらなる可能性

「ロイヤル オーク」は1972年に誕生。オーデマ ピゲを代表するコレクションとして有名だ。八角形の特徴的なベゼル、そのベゼルを固定するためのビスを敢えて見せるデザインで人気を博し、このモデルが牽引役となって現在まで続くラグジュアリー・スポーツという人気時計ジャンルを創出したことでも知られている。

ここで紹介する“エクストラ シン”とは、1972年当時のオリジナルフォルムを忠実に再現したもの。2012年にシリーズ誕生40周年を記念して復刻された「ロイヤル オーク」ファミリーのひとつである。ムーブメントもオリジナルを踏襲し、自動巻きCal.2121を搭載。ダイアルに施されているのは、「ロイヤル オーク」誕生20周年記念時にリリースされた“プチ・タペストリー”と名付けられたギヨシェパターンだ。これらの観点で、「ロイヤル オーク・“ジャンボ” エクストラ シン」は「ロイヤル オーク」の歴史が凝縮したモデルであると言える。

ちなみに“ジャンボ”というニックネームは、「ロイヤル オーク」がデビューした1972年当時に、直径39mmというサイズが大きなサイズと捉えられていたことから命名されたものである。

それにしても、このピンクゴールドダイアルが渋くて、いい。険がとれて、円熟味を増した、所謂大人の上品さが感じられ、素晴らしく出来がいいのである。昨今の「ロイヤル オーク」は、ブルーのダイアルを搭載するなど、精悍な印象を打ち出してきたが、その真逆のベクトルを目指すこのモデルも、なかなかどうして。しかもケースだけではなく、ブレスレットまでホワイトゴールドという贅沢な素材使いなのである。薄型なので、ソリッドゴールドでも重すぎず、実用的。そしてケース径39mmというジェンダーレスなサイズ感は、シェアウオッチの可能性も秘めていると思うのだが、いかがだろうか?

新たな魅力を魅せるロイヤル オーク・“ジャンボ”エクストラ シン|AUDEMARS PIGUET

ロイヤル オーク・“ジャンボ” エクストラ シン

Ref|15202BC.OO.1240BC.01
ムーブメント|自動巻き(Cal.2121)
ケース、ブレスレット素材|18Kホワイトゴールド
ケース径、厚|39mm、8mm
防水|50m
予価|580万円(税別)
発売|2019年6月発売予定